摂取量を守って、こんにゃくで胃腸の掃除をしましょう

こんにゃくは、古くから胃腸の掃除をするものとして知られています。
こんにゃくには便の固さを適度に保ち、腸からの刺激を与えることで、排便のサインを送るという仕組みになっています。

こんにゃくには、水溶性食物繊維のグルコマンナンが豊富に含まれています。
グルコマンナンは便の中に入ってガチガチの状態から、ゼリー状変化させます。
善玉菌を増やして、蠕動運動を活発にします。
しかし、こんにゃくはこんにゃく芋を細かく砕いた粉を凝固剤の水酸化カルシウムで固めてできるものです。
そうすると水酸化カリウムによって、水溶性食物繊維から不溶性食物繊維へと変化してしまいます。
これは、熱したりしても元に戻ることはできません。
不溶性食物繊維にも、きちんと便秘解消効果はあります。
不溶性食物繊維は、水に溶けるとねばねばドロドロになり、スムーズに便を排出してくれます。
また、脂肪や糖分の吸収を抑えたり、有害物質を閉じ込めて排出してくれます。
こんにゃくによって、肉などの便秘の原因になりがちなものを摂取する量は減少するため、便秘解消に繋がります。
また、こんにゃくはローカロリーなので、ダイエット効果もあります。

こんにゃくは、多く食べ過ぎてもいけません。
脂肪の吸収を阻害する効果がありますが、過剰にとることでその他のビタミンなどの栄養素の吸収まで阻害をしてしまいます。
よって、こんにゃくの1日の摂取目安を守って食べるようにしましょう。
1日の摂取目安は、250g以内です。
だいたい市販で売られている1袋の量になります。
料理に使用するには、1袋以上を使って料理はしないと思うから、考えなくてもいいかもしれません。

1日に決められた量を守ることで、身体にいいものだけを吸収しつつ便秘を解消しましょう。
そして、一緒にダイエット効果も実感しましょう。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプル請求してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ