カボチャでお腹の冷えも解消しましょう

カボチャには、食物繊維が豊富なことを知っている人は多いと思います。
甘みがあり煮物や天ぷらにする人は多いのではないでしょうか。
私自身もカボチャをよく煮物で食べますが、1人でも4分の1個はペロッと食べてしまいます。
結構な量でも簡単に食べられてしまうのが、カボチャの良い特徴ではないでしょうか。

そんなペロッと食べれちゃうカボチャには、もちろん便秘解消の効果があります。
食物繊維には、腸内の善玉菌を活性化させ、腸内の環境を整える働きをします。
また、便の量のかさ増しにも一役かっています。
可食部100g中に食物繊維は3.5g含まれています。
食物繊維が不足している人には効果的な数字です。
100gは意外と簡単に食べれてしまう量なので、苦にはならないと思います。

しかし、食物繊維だけでは便秘が解消されない人もいるでしょう。
食物繊維は十分にとっているはずなのにどうしてだろうと考える人も多いのではないでしょうか。
それは内臓の冷え性が原因かもしれません。
これは、女性が特に多いのではないでしょうか。
内臓が冷えると、内臓機能が低下します。
それは腸も同じで機能が低下してしまうと、便を排出しにくくなり便秘になります。
それを解消するのにも、カボチャがお勧めできます。

カボチャには、食物繊維の他にも様々な栄養素を持っています。
その中でも、「ビタミンE」が冷えの解消に一役かってくれます。
ビタミンEには、血行不良を改善し冷えを良くしてくれます。
冷えを解消するのに一番良い食べ方が、煮物です。
煮物は温かいなので内臓を温めてくれます。
その時に、一緒に入れてほしいのが「ベーコン」です。
意外だと思った人も多いと思います。
ベーコンを入れると程よい油分がお腹をぬくめてくれます。
お腹の冷えを治しつつ食物繊維をとり、二大対策で便秘解消しましょう。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプル請求してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ