キムチにはヨーグルトに匹敵する量の乳酸菌を持っている

キムチは発酵食品だから便秘効果がもしかしたらあるのではないかと思っている人もいるでしょう。
その予想は的中しており、乳酸菌も多くあり便秘に効果があります。

キムチは越冬用の保存食として作られました。
初めの頃は青唐辛子を使用した白キムチや、ニンニクや山椒を使用して漬物として食べられていました。
日本から赤唐辛子が伝わり、赤キムチが主となり広まりました。

キムチには多くの乳酸菌があります。
その量はヨーグルトに匹敵するほど多いと言われています。
キムチ1gに1億から数億ほどの乳酸菌がいます。
植物性乳酸菌と言われる乳酸菌で、食物繊維と一緒にとると良い相乗効果があり、より便秘解消に効果をもたらします。
乳酸菌は胃で強い酸にさらされて死滅して効果がなくなると思っている人もいるかもしれません。
しかし、腸にいる元々の乳酸菌の栄養になり活発になるので、整腸作用はあります。

一般的にキムチは白菜が主流ですが、乳酸菌はタンパク質を好んで発酵させます。
イカやエビが多く含まれたほうが、乳酸菌が多くいます。
白菜にある食物繊維にも便秘解消には効果があるため、白菜でもイカやエビ等のタンパク質でも好きなほうを選んで構いません。

ではどのくらいの量を1日食べればいいのでしょうか。
それは1日の目安は50gと言われています。
日本人はキムチを消化する酵素をもっていないとも言われており、食べ過ぎると唐辛子が胃腸に悪影響があるらしいので注意しましょう。
適量であれば、腸の蠕動運動を促す刺激剤となりますので、排便しやすくなります。

また、唐辛子に含まれるカプサイシンには、体を温める効果があります。
冷え性の人や、冷えが原因で便秘の人には良いことづくしです。
カプサイシンには代謝を高める効果もあるので、身体の老廃物を体の外に排出しやすくしてくれます。

便秘以外にも、美容や健康にも良いとされています。
ぜひキムチを、食べてヨーグルトに匹敵する乳酸菌で便秘解消をしていませんか。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプル請求してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ