便秘の時コーヒーは腸を刺激して便秘解消をしてくれる

コーヒーが好きな人は多いと思います。
でも、カフェインが含まれており便秘になるからと控えている人もいのではないでしょうか。
確かにカフェインには、便秘の原因になる可能性があります。
それは利尿作用によるものです。
利尿作用により、大腸に必要な水分を奪われて便が固くなり排出しにくくなるからです。

しかし、こういった話を聞いたことはありませんか。
コーヒーを1日2回以上飲んでいる人が、トイレに行く回数が多くなり便秘が解消したという話です。
それはカフェインの働きによるものです。
カフェインには、腸の収縮を促進する神経を刺激する働きがあります。
腸の蠕動運動を促して、便が排出しやすくなります。

まれに、コーヒーは「下剤」と呼ばれることもあります。
普段コーヒーを飲まない人がコーヒーを飲むと、腸の動きを急激に活性化し便秘解消につながります。
即効性があり、急速に便秘解消ができます。
しかし、下剤と同じように、飲み続けると麻痺をしてしまい効かなくなりますので注意してください。

コーヒーを飲むタイミングは、「朝食時」が良いでしょう。
朝に排便をすることは健康面からみても良く、出来るだけそのリズムを崩さないようにしたいものです。
しかし、自然なリズムで排便が行える人は、コーヒーを飲んで解消をしようとは考えないでください。
今まであったリウムが崩れてしまい、便秘になってしむ可能性があります。

このカフェインによって便秘解消をしようとするのにも、人によって合う合わないがあります。
便秘の原因が、腸の蠕動運動が鈍っている人にとっては、とっても合う解消方法です。
しかし、過敏性腸症候群による便秘の人は、カフェインを摂取すると余計に腸に刺激を与えてしまいます。
余計に症状を悪化させてしまい、下痢や腹痛、さらに酷い便秘になってしまう可能性があります。
自分がどちらかなのかは、試してみないと分かりません。
自分のお腹の調子と相談しながら、確認をしてみてください。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプル請求してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ