辛いときはリンゴは皮ごと食べて便秘解消

皆さんは、普段リンゴをどのように食べますか。
皮をむく、皮ごと食べる、すりおろして食べる等色さまざまな食べ方があります。
もし便秘で悩んでいるのなら、皮ごと食べるのがお勧めです。

リンゴの皮には「ペクチン」という水溶性食物繊維が豊富にあります。
ペクチンには善玉菌の大好物で、善玉菌が活発になります。
そして善玉菌が増えて悪玉菌が減り、腸の環境がよくなります。
その他にも、食物添加物や余分なコレステロールを排便時に一緒に排出してくれます。
生活習慣病の予防にもお勧めです。
よく水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を一緒に取るほうが便秘には良いと言われています。
リンゴの場合は、その両方の食物繊維を持っているため、他の食材と組み合わせる必要がありません。
リンゴ1つだけを食べれば、便秘解消に効果があります。

他にもリンゴには便秘解消に効く成分があります。
まずは、「オリゴ糖」です。
これもペクチンと同じ働きをし、善玉菌のエネルギーとなり腸内の環境を整えてくれます。
加熱することでオリゴ糖が増えるため、焼きリンゴにするのがお勧めです。
他に「クエン酸」という酸類は、腸の蠕動運動を促す作用があり、排便をするように脳に命令を出してくれます。
「タンニン酸」というものも含まれており、タンパク質と結合しえ膜を作ります。
これは、下痢をした時に腸壁を保護する働きをします。
リンゴは、便秘にも下痢にも効く食材です。

食べ方は、皮に便秘に効く栄養素が多く含まれているため、皮ごと食べるのがお勧めです。
しかし、胃腸が悪い場合は、皮ごとすりおろしして食べるほうが負担をかけずに良いでしょう。
しかし、リンゴには糖分が多いので食べ過ぎると、太る可能性があるので食べる量はほどほどにしましょう。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプル請求してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ