朝食を食べて、腸に刺激を与えましょう

皆さんは、朝の時間をどう過ごしていますか。
少しでも多く寝たいと思っている人も多いでしょう。
朝はバタバタして急いで家を出ることが多いと思います。
しかし、朝の時間をそんな疎かにしてしまってはいけません。
自分で便秘になる原因を作ってしまっています。

朝は、1日のなかでもっとも腸の働きが活発な時間帯です。
忙しくても、何かを食べる事で腸を刺激してあげないといけません。
食べる事で腸は蠕動運動を始め、夜のうちに溜まった不要物を排出しようとしてくれます。
ただし、蠕動運動をしてから排出するまで時間がかかります。
その間に仕事に行ってしまったり、バタバタしてしまっては、排出する機会を失ってしまいます。
ぼーっとできる時間を朝にとれることが理想です。
なかなか難しいとは思いますが、まずは朝食を食べる事から始めてみてください。

でも、いきなり朝食をとると言っても急には生活を変える事は大変です。
まずは起きたときにコップ1杯の水を飲むだけでもいいです。
または、便秘に効果があるものを食べても構いません。
例えば、乳酸菌があるヨーグルトや食物繊維のある野菜ジュースでも構いません。
もし腸が冷えていることが原因で便秘になっている人は、「ホットレモン水」がお勧めです。
レモンには、ペクチンという食物繊維があり、溜まっている便を軟らかくし善玉菌を増やしてくれます。
作り方は簡単で、レモン半分を絞って大きめカップにいれます。
そこに、お湯を注ぐだけです。
まずは、手軽にとれるものから始めてみましょう。

段々と慣れてきたら、きちんとした食事をとるようにしましょう。
朝食を抜くとホルモンのバランスが崩し、食物繊維を摂取する機会がへってしまいます。
朝から作るのは大変ですが、前の晩に汁物を作っておけば手間はほとんどかかりません。
ご飯と汁物、そこに納豆をつければ、きちんとした食事になります。

少しずつ朝食を変えていき、腸に良い刺激を与えましょう。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプル請求してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ