豆腐は食べる量を守れば、便秘解消にお勧めです

大豆は「畑の牛肉」と言われるほど、栄養が豊富ということは皆さん知っていますよね。その畑の牛肉で作られた「豆腐」で便秘解消をしませんか。
豆腐というと低カロリーでダイエットというイメージが強いかもしれませんが、便秘解消にも効果があります。
しかし、豆腐を食べると便秘になるという噂も聞いたときがあると思います。
それは本当の話です。
便秘になるのには食べる量が問題であって、食べる量をきちんと守れば便秘解消になります。

まず、大豆には不溶性食物繊維が豊富にあります。
これは便を固くし、大きくする働きがあります。
これによって腸が刺激を受けて排便が促され、便秘解消に唾がります。
しかし、取りすぎてしまうと便秘の原因となってしまいます。
きっと、ダイエット目的で主食と低カロリーな豆腐を置き換えてしまい、不溶性食物繊維を取りすぎているのが原因です。
また、大豆には女性ホルモンを活発にするので、身体に脂肪をつけようとする働きがあり、取りすぎると太ってしまう可能性があります。
1日の目安は豆腐1丁の半分です。
これを守れば、便秘解消の効果を得ることができます。

他にも便秘解消に良い成分があります。
それは大豆オリゴ糖とマグネシウムです。
オリゴ糖はよく腸に良いと聞くと思いますが、オリゴ糖は善玉菌のエサとなります。
そうすると善玉菌が活発になり、腸内環境を整えてくれます。
マグネシウムは、便を柔らかくする働きがあります。
よく便秘薬にも含まれている成分です。
豆腐は水分が多いので、便量のかさ増しにもなるのでお勧めです。

また、大豆は女性には特にお勧めな理由があります。
大豆には「大豆イソフラボン」という成分が、乳がんを予防してくれます。
毎食豆腐を食べる人と食べない人とでは、乳がん発生率が半分近くも差がありました。
どの女性にも乳がんの恐れはあるので、ぜひ便秘解消と乳がん予防を豆腐だけでしてみてはどうでしょうか。

うんち  私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプル請求してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ