ほうれん草は「胃腸のほうき」と呼ばれています

ほうれん草は海外でも人気になっているのを知っていましたか。
ヨーロッパでは「胃腸のほうき」、アラビア人は「野菜の王様」と呼ばれています。
その理由は、優れた食物繊維のほかに、便秘にすごく効果のある成分があるからです。

ほうれん草には、ビタミンB1やビタミンCが含まれています。
ビタミンB1には、自律神経を正常にする働きをします。
自律神経とは、心臓を動かしたり汗を出したり、自分ではコントロールできない神経が関わっています。
普段はコントロールをしているのですが、ビタミンB1が欠乏するとコントロールがうまくできなくなります。
生活習慣の乱れや、ストレスによって自律神経のバランスが壊れてしまいます。
自律神経が鈍ると、便を促す蠕動運動が悪くなり、便を外に出すことが出来なくなってしまいます。
自律神経を治すのは、なかなか難しいと言われています。
そこで、ビタミンB1を取ると自律神経を整えるので、便秘解消にもつながります。

次にビタミンCは、善玉菌であるビフィズス菌を増やします。
オリゴ糖と同じような働きがあると言われています。
食物繊維と一緒に取ると、より効果があります。
ほうれん草には、食物繊維もあり一緒に取れるので効果が出やすいです。
これは、アメリカのミネソタ大学で便秘解消の研究での結果です。

ほうれん草の茎の赤い部分はどうしていますか。
実はその部分に一番栄養価と旨味があり、便秘にもお勧めです。
赤い部分にはマグネシウムが多く含まれています。
市販の便秘薬もマグネシウムを含んだ製品も多くあります。
赤い茎の部分も捨てずに食べるようにしましょう。

その他にも、美肌効果や頭痛の改善なども役立ち、女性の抱える悩みを解消してくれる食材です。
ほうれん草は、比較的安く最近では年中手に入れやすくなりました。
調理方法も色々あり、飽きずに食べられる食材でもあります。
ぜひ、食卓の一品にほうれん草を並べましょう。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプル請求してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ