納豆にはリンゴより多くの食物繊維があります

日本に昔からある「納豆」には便秘解消に効果があります。
臭いがあるので嫌いな人も多いと思います。
しかし、大豆だけでは得られない発酵パワーにも大きな効果があります。

納豆には、食物繊維が豊富にあります。
食物繊維には、便秘に良いのは皆さんも知っていますよね。
1日目標値として25gの食物繊維を取るのがいいと言われています。
しかし、日本人平均摂取は11gほどで全然足りません。
50g入りの1パックの納豆には、3.35gもの食物繊維が含まれています。
それがどのくらいの量かは分かりませんよね。
中ぐらいのリンゴ1個より多いと言われています。
しかし、ひきわり納豆だと食物繊維の量が少ないです。
納豆の食物繊維の15%は、不溶性食物繊維です。
これは、水分を吸収して大きくなり腸を刺激します。
また、不溶性食物繊維の1つ「リノール酸」が含まれています。
リノール酸には、善玉菌を活発にし、悪玉菌が増えるのを抑制する働きがあります。
便秘に効果的な食物繊維が多く含まれています。

他にも、大豆から納豆を作るときに必要な「ナットウキナーゼ」も便秘に大きな効果をもたらします。
デンプンを分解しオリゴ糖を作り出します。
オリゴ糖は、善玉菌のエサとなって働きを活発にします。
納豆が小さくなればなるほど、納豆菌に触れる面積が増え、発酵が進みやすくなります。
だから、食べるのは賞味期限が近い発酵が進んだものをお勧めします。

1日100gを毎日食べれば、早いと1週間ほどで効果が表れます。
毎日食べれない人は週に3回だけでも食べることを続けてみてください。
もし、臭いが気になる人は、オリーブオイルをかけると臭いが軽減します。
また、オリーブオイルにも便秘解消の効果があるので、より効果が得やすくなります。

ぜひ、納豆を食卓に並べる習慣をつけてみましょう。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ