便秘解消に大きな効果がある青いバナナ

便秘にはバナナが良いと聞いたこともあるでしょう。
では、バナナはどの状態で食べたほうが効果が高いのか知っていますか。
青く熟していないバナナか、黄色く食べごろのバナナ、熟しすぎて茶色くなったバナナの3種類の状態があります。
便秘に効果があるのは、「青く熟していないバナナ」です。
黄色く食べごろのバナナには、美肌やアンチエイジング効果があります。
熟しすぎて茶色くなったバナナは、免疫力アップや胃潰瘍の予防に効果があります。
ここでは、便秘効果がある「青く熟していないバナナ」について紹介します。

熟していないバナナには食物繊維とオリゴ糖が豊富に含まれているからです。
バナナには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が両方ともバランスよく含まれています。
また、消化がされにくいデンプン質がより多く含まれています。
このデンプンは小腸で吸収されず大腸まで届き、乳酸菌などの腸内菌の活動エネルギーとなり活発になった菌が整腸効果を発揮します。
また、善玉菌により発酵し有機酸に変換され、腸内を弱酸性に維持してくれます。
腸内が弱酸性なることで、悪玉菌が増えるのを抑えてくれます。
オリゴ糖も乳酸菌などの善玉菌のエサになり腸内環境を整えてくれるので、ダブル効果が期待できます。

バナナは1本、約85kcalと低く、消化にも負担がかかりません。
1日1本~2本食べることをお勧めします。
バナナ1本でも十分な満足感があります。
もし1本も完食できないようでしたら、「焼きバナナ」にすることをお勧めします。
焼きバナナにしても成分はほぼ変わらずに、同じ効果を得ることができます。
焼きバナナにすることで、水分を飛ばして1本を完食しやすくなります。

バナナの熟し方によっては、様々な効果があります。
便秘解消したい方は、ぜひ青いバナナを食べるようにしましょう。

「うんち」の画像検索結果  私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプル請求してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ