蜂蜜のグルコン酸で便秘解消をしよう

 

蜂蜜は、健康に良い様々な効果があります。
一口舐めれば咽喉の炎症に良いほど、消炎効果があります。
アミノ酸やビタミンを多く含み。疲労回復にも効果があります。
そして、有機酸の一種の「グルコン酸」には便秘解消の効果があります。

グルコン酸は、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌を増やす環境を作る働きがあります。
また、腸管への若干の刺激作用も期待できます。
糖類の働きで高い保水作用があり、便からの腸壁へ水分が奪われることを防いでくれます。
しかし、蜂蜜を大量に摂取するのは危険です。
それは下痢にある可能性が高いからです。
下痢になっても心配はいりません。
その時も蜂蜜を摂取してください。
矛盾するかもしれませんが、蜂蜜は下痢にも効果があります。
先ほど、グルコン酸には善玉菌を増やし腸内の環境を整えると書きましたよね。
善玉菌が増えると便の状態を良くします。
腸内の環境を整える程度が良いので、蜂蜜の摂取は適度の量を取りましょう。

また、アミノ酸の「トリプトファン」は脳内物質「セロトニン」の材料になります。
セロトニンは、幸福感を感じさせてくれ、ストレスを低減してくれます。
ストレスは、便秘の大敵です。
ストレスを減らすことができれば、便秘の解消にもつながります。

しかし、蜂蜜を摂取すると太ると心配している人もいるでしょう。
蜂蜜のカロリーは砂糖の4分の3ほどで、甘みは1.5倍ほどあります。
また、蜂蜜は脂肪になりにくく、すぐにエネルギーになります。
蜂蜜を毎日摂取しても、太る心配はしなくて大丈夫です。

蜂蜜は、強い殺菌力があり成分も変わらないので、賞味期限はないと考えていいものです。
しかし、味を気にするのであれば2年ほどで食べることをお勧めします。

ぜひ、毎日蜂蜜を摂取して便秘を解消しましょう。

「うんち」の画像検索結果  私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプル請求してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ