お茶で便秘解消?

便秘で肌荒れや下腹部の膨張感などで悩んでいる人がたくさんいますよね。

便秘解消に食物繊維の多い食べ物や運動などの情報は沢山ありますが、なかなか続かない!と言う方には、毎日簡単に続けられるお茶をおすすめします。

お茶にはカテキンという成分が含まれていて渋みのもとになっています。
カテキンは便の量を増やす作用があり、便秘解消にとても役立ってくれるのです。
しかも、便の悪臭を薄くしてくれる効果もあるそうです。

カテキンは小腸で一部が吸収される形になりますが、高血圧、糖尿病、ガン、動脈硬化などの成人病予防にもすぐれた効き目があるといわれています。

また、小腸を経て大腸に届いたカテキンは、腸の中におけるビフィズス菌などの善玉菌を増やしながら、大腸菌などの悪玉菌を退治してしまいます。

つまり、腸の中の環境をきれいに整えて、便秘解消をしてくれるわけですね。

整腸作用を目的としたビフィズス菌配合のサプリメントがたくさん出回っていますが、実はどれだけの量が腸まで到達しているのかわからないと言われています。

なぜなら、ビフィズス菌は胃液や胆汁酸に弱いという特徴があり、胃で消化されやすいので大腸に届くのはわずかな量だからです。

たとえ大腸までたどり着いたとしても、別の菌と合わなくて下痢を引き起こす可能性もあります。

その点、お茶から得られるカテキンは腸まで楽に届くため、大腸内の善玉菌をナチュラルに増やして便秘解消効果を発揮してくれるのです。

うんち便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ