中国手技療法とは

「便秘」の予防や解決策はもちろん「規則正しい生活」や「繊維質などバランスのよい食生活」などとこのブログでもご紹介いたしました。

それらは全て大変効果的ですが継続して実行することが難しいようで、結局お薬に頼っている方も多いのですよね。

中医学では一口に「便秘」といってもその病因病機は、「胃腸積熱によるもの」「気機鬱滞によるもの」「下元虧損によるもの」「陰寒内生によるもの」など様々ですが、大腸の働きの失調には「脾」「胃」「腎」との関係が密接であると認識されています。

中国では大腸の働きを促すために「漢方」「鍼灸」「推拿」など様々なアプローチがされますが、その主な目的は「自然治癒力」の向上です。

手技療法である「推拿」では中医学的な認識をもとに「便秘」のタイプにあわせて「脾」に対するアプローチ、「胃」に対するアプローチ、「腎」に対するアプローチなどツボや経絡、手技を使い分け、体の機能を向上させることにより失調している大腸の働きを取り戻し便通を促します。

お薬は飲み続けているうちに体が慣れてきて効かなくなってきます。

さらに体が薬に甘えてしまって自身で治す力が衰えていきます。

「推拿」などの中国手技療法は、(「便秘」に限らずですが、)薬に頼らず「自身で治す力=自然治癒力」を向上させることを目的としています。

「便秘」の解決策として食事や日常生活の改善に加えて、「推拿」や「中医整体」といわれるものをお試しになってはいかがでしょうか?

うんち便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ