ひまし油

ひまし油をご存知でしょうか?聞きなれないですよね。

ひまし油とは、ヒマ(トウゴマ、トウダイグサ科の一年草)の種子を搾って採るオイルで、化粧品素材としてのヒマシ油は、皮膚表面に保護膜を作り、皮膚の乾燥を防ぐエモリエント成分である。

口紅やヘアケア製品に使われる。

ひまし油の中には、リシノール酸という成分が90%も含まれています。

リシノール酸には次のようなすぐれた作用があります。

1.抗菌作用

2.瀉下作用(下痢を起こす働き)

3.リンパ循環を促進する作用

4.体内の細胞にこびりついた老廃物や毒素をはがし、腸内へ運び出す毒素排泄(デトックス)作用

ひまし油(ヒマシ油)を使った便秘解消法を3つご紹介します。

1.ひまし油で腹部に時計回りにオイルマッサージをすると緩下作用(緩やかに便通をよくする)が働きます。

2.遠赤外線ひまし油(ヒマシ油)湿布・・・フランネル(布)にひまし油を浸して右脇腹(肝臓部分)に当て、遠赤外線温熱ベルトで約1時間温めます。

便秘解消だけではなく、肝臓・腎臓が活性化し、解毒・排泄力が向上します。

3.他の方法で改善がみられない場合、ひまし油を大さじ1杯飲用します。

飲用した場合は峻下作用(激しい下痢を起こす)が働きます。

注意・・・飲用する場合は作用に個人差がありますので、飲用する量や時間帯にご注意ください。

香料を含んでいたり精製されていたりしない、純粋なひまし油をご使用下さい。

また、妊娠している人は作用が強いため、使わないほうがよいとのことです。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ