便秘と口臭

便秘が続くと口臭の原因になります。

口臭は一般的に口腔内の食べかすが細菌で分解され、腐敗した時にそれがニオイを出し、口臭になることが多いのですが、便秘が1週間以上も続くようだと、あなたは口臭があるかも知れません。

腸内に便が何日も溜まると、乳酸菌に比べて悪玉菌が優勢となりますので、アンモニア、メタン、酢酸、硫化水素、インドール、スカトールなどが産生され、おならも大変臭くなります。

おならの量は一日1500ccになりますが、溜まってくると、次第に腸管から体内に吸収されます。

そして、この吸収されたガス成分は血液循環で肺に到達し、肺胞からガスが放出され、呼気となって、それが口臭となります。

当然、ニオイはおならと似たようになります。

もし、歯に問題がなく、胃腸炎でもない場合の口臭はこれを疑った方が良いかも。

もしかしたら、自分の体から発散されるので、臭覚が麻痺していて自分自身では気付いてないかも知れません。

要注意です。

そんな最悪なケースを避けるには、便秘解消が大事になります。

これは原因によって方法が異なるので、おおよそまんべんなく効く方法を少しばかり挙げます。

1.「リキッドタイプのミネラルサプリを摂る」

便が腸壁に長時間滞留すると便から水分が吸収され、硬くなる為にすべりが悪くなる。

それを防ぐ為に効果的。さらに腸にはシワやヒダのようなものがあるので、その部分に便が引っかかってししまって、腸の中に長く留まっている宿便の除去を狙える。

2.「おなか付近を温め、腸の動きを良くする」

生活習慣や環境により、女性の場合は内臓温度が低い方が多いので機能が低下し、便秘と同様に女性特有の疾患(生理不順・生理痛・排卵障害)なども多い。
おなか付近を温める事で、内臓機能が上がり全ての排泄がスムーズに!

うんち便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ