便秘と自律神経

便秘になる原因はいろいろありますが、根本的な要因として「自律神経の失調」が起こることで便秘に至るという医者の意見をよく聞きます。「自律神経」というのは、血管、リンパ腺、内臓など「自分たちの意志によらない神経活動」を行ってくれている神経メカニズムです。

例えば、心臓の鼓動、血液循環、体温調節、酵素などの分泌などなど、私たちの健康というのはこの自律神経よってコントロールされているわけです。

便秘にならないように、腸が快調にぜん動運動をしてくれるかどうかにも、この自律神経は大きく関わっているのです。

この自律神経の指令というのは、神経細胞内のイオンが伝搬して、指令を各内臓器官へ伝えていきます。

イオンをわかりやすく言えば、ミネラル分(ナトリウム、カリウムetc)が体内の水分に溶け込んだ状態です。

つまり、ミネラル分が不足するとイオン不足となり、自律神経の指令が適切に行き届かないことになります。

この状態のことを「自律神経の失調」と呼ぶわけです。よく「ミネラル分を取りなさい」と言われますが、その理由はこの自律神経機能を健康な状態にするためでもあったわけです。

ということで「ミネラル分の補給」をしっかり行うことで、自律神経を快調に機能させて、便秘解消にも効果を発揮してくれる可能性は充分にあります。

ですが「自律神経失調症」という病気になりますと、問題の解決はそう簡単ではありません。

この件に関しては、次に見ていくことにしましょう。

うんち便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ