オリーブオイルで便秘を予防する

先日、友人とイタリアン・ランチを食べていた時のこと。

じつはその友人はイタリアへの留学経験があるイタリア通なのです。オリーブオイルたっぷりのパスタを食べながら、

「オリーブオイルって便秘予防にいいのよ」と教えてくれました。

なんでもイタリアでは、子どもの便秘予防としてスプーン一杯のオリーブオイルを与えたりするそうです。

そういえば日本でも、昔は子どもの便秘薬として、小腸を刺激して排便を促す効果のある「トウゴマの種子からとったヒシマ油」が使われていたそうですね。

どうやら「オリーブオイル」には、このヒシマ油と同じ効果があるようですね。

そこでネットでちょっと調べてみました。すると、こんなことがわかりました。

「オリーブオイルの主成分である『オレイン酸』が他種のオイルとは違って、小腸で吸収されにくいため、腸を刺激して腸の動きを活発にし、腸内の潤滑 油的な役割を果たす。その結果、便の滑りを良くすると働きがある」

とのことです。

ちなみに、オリーブオイルの主成分である「オレイン酸」は抗酸化作用もあるため、

「活性酸素の除去作用」があり、加えてオリーブオイルには、「ビタミンE」や「葉緑素」も豊富に含まれているので、

「便秘だけでなく老化防止や美肌作りにも効果が期待できる」のだそうです。

このオリーブオイルを1日おおさじ1~2杯摂取する事で、便秘薬に慢性的に頼っていた人も薬に頼らなくとも排便できるようになった、という報告もあるそうです。

ただし、オリーブオイルは高カロリーなので、くれぐれにも摂取過多は避けましょうね。

ちなみに「オレイン酸」を含む油はオリーブオイル以外にもありますが、含有量はオリーブ油特にエキストラバージンオイルに約76%、キャノーラ油が約54~61%、ゴマ油は約42%の含有量で、オリーブオイルが圧倒的に多く含まれているとのことです。

そういえば先日、ある女性お笑いタレントさんが健康法として、「ごま油飲用」をススメていましたが、私の場合は、「オリーブオイル飲用」を実践してみようと思っています。

そういえば、オリーブは「最古のハーブ」とも言われていましたね。

やはりハーブは便秘に効くのでしょう。
※便秘にオススメ「ハーブdeスルリ

うんち便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ