ヨーグルト以外からでも乳酸菌はとれますよ

腸内の善玉菌を増やし便秘を解消するというのは、一番安全で確実な方法です。

中でもビフィズス菌のような乳酸菌は善玉菌の代表格。

健康志向も高まって、トクホ(特定保健用食品)表示のある乳酸菌系の食品もたくさんありますよね。

例えばヨーグルトも乳酸菌を多く含む発酵食品なので、便秘に解消にももちろんおすすめ。

最近では生きて腸まで届く乳酸菌など、乳酸菌と言えどさまざまな特徴を持たせて、

名前も分けて、あえてごく普通のヨーグルトとの差別化を図っている商品もたくさんあります。

ただし、こう言ったヨーグルト関係は乳成分が主体なので、ミルクアレルギーのある人には使いづらい一面も。

また、ヨーグルトはカロリーが気になる、という人もいますよね。

実は他にも乳酸菌を含む食品は身の回りにたくさんあって、漬物なんかもその一つ。

野菜から発酵させた食品なので、時間がたつと、酸っぱくなってきますよね。

それこそ乳酸菌のいる証拠。

(ただし腐敗した酸っぱさと分けて考える必要があるのでご注意ください。)

他にも、やっぱり時間とともに酸っぱくなるキムチにも乳酸菌がたくさん含まれています。

しかも漬物に含まれる乳酸菌は植物性由来なので、ミルクアレルギーの人でも大丈夫。

漬物は塩分が高いところが少し気になりますが、野菜なのでカロリーは低いですし、

食卓にものせやすく、日本人であれば毎日食べることも、あまり苦にはならないですよね。

もちろんヨーグルトが苦手な人にもお勧めです。

また、乳酸菌の働きを助ける効果として、さまざまなハーブをうまく使って、

おなかの調子を整えると、より相乗効果が期待できます。

※便秘にオススメ「ハーブdeスルリ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ