便秘薬を上手に利用するには

「ガンコな便秘には、便秘薬を使うのが一番!」と、常に薬で便秘を解消している人も少なくありません。

確かに便を腸にずっとためておくことは、体にもよくなく、便秘が長くなるほど、便も余計に出にくくなります。

便秘薬はどうしてもスムーズにはでない便を、半ば強制的に出す作用があるので、排便の刺激が弱くなっていたり、カチカチに固まった便を出したい時にはとても効果的です。

ただし、世の中には数多くの便秘薬があり、それぞれ、使われている成分や特徴、効き目の強さも違っています。

便秘を解消させるには、しっかりとその原因に合った薬を使わなくては、おなかが痛くなったり、だんだん薬が効かなくなってくるので注意が必要です。

一般的に使われている便秘薬は、大きく分けると2種類あります。

一つは腸に刺激を与えて、排便を促すタイプ。

効き目としては浣腸などもこの仲間ですが、時には刺激が強すぎて、おなかが痛くなることもよくあります。

もう一つは、便に水分を与えて、柔らかくするタイプ。

これは主に病院で処方される便秘薬に多く、効果も比較的穏やか。

また液体のことが多いので、症状に合わせて量を加減できる、といったメリットもあります。

通常、便秘で病院へ行くと、穏やかなタイプの薬をしばらく使いながら、食物繊維の多い食事を摂ることで、排便を習慣づけるようにしていきます。

薬の量は徐々に減らすことが大切ですが、合わせてハーブなどを併用していくことで、自然なお通じが身につきやすくなります。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ