便秘に最適な玄米

便秘に悩む人は、思い切って食生活を改善することも一つの手。

洋食より和食の方が断然食物繊維は多く摂れるので、まずはご飯を食べ、野菜や煮物を中心にした食事を心がけたいものですよね。

また、どうしてもパンが好きな人は、胚芽パンや、全粒粉パンにすることで、より多くの食物繊維を摂ることができます。

更に食物繊維を多く摂るには、主食を白米から玄米に変えることで、便のカサを増やすことができ、便秘解消にも繋がります。

一見、玄米は白米に比べて炊くのが大変だったり、味にクセがある、といったイメージがありますが、実際はそれほど気にならないもの。

炊く時も、白米より長く浸水させておくことで、そのまま炊飯器で炊くことができます。

また玄米はパサパサして硬い、という人も多いのですが、それを大いに生かした料理にしてしまえば、断然食べやすくなります。

中でも特におすすめなのは、玄米で食べるカレーライス。

カレーはジャガイモなど、野菜をたっぷり入れることで食物繊維が摂れますし、硬めの玄米との相性も抜群。

NHKの「ためしてガッテン」による調査では、白米で食べるカレーよりも玄米で食べたほうがずっとおいしい、という意見も数多くありました。

他にも玄米はチャーハンにすると、よりパラパラ感が出て、食べ応えが出ます。

玄米は栄養価も高いので、食べ始めると、体の調子もよくなります。

また発芽玄米や雑穀米、白米に押し麦を混ぜて炊いても食物繊維がより多く摂れるのでおすすめです。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ