野菜をたっぷりとって便秘も解消

生きている間で、ほとんどの人が最低一度は経験したことのある、便秘。

普段はとても快便な人でも、ちょっとしたストレスや、環境の変化で、便秘はいつでも起こりますし、長年ず~っと便秘に悩まされている人も大勢いますよね。

そんな便秘の原因として、よく挙げられているのが食物繊維不足。

特に日頃から野菜や果物を食べない人や、欠食がちな人は食物繊維の摂取量が不足していることが多く、便秘にもなりやすいのです。

一般的には一日300gの野菜をとっていれば、食物繊維をはじめとしたさまざまな栄養素が摂れ、健康にもとてもいい、と言われています。

野菜はビタミンやミネラルといった、体の中では生成できない大切な栄養素をたっぷりと含んでいるので、とにかく毎日コツコツ食べ続けることが大切です。

でも「野菜を300g」と言われても、いったい実際に調理してどのくらいの量なのか、いまいちピンときませんよね。

また野菜は水分をたくさん含むものが多く、そのまま生で食べるのと、加熱調理して食べるのでは、摂れる栄養や食物繊維の量もずいぶんと違ってきます。

「毎日野菜サラダを食べているから大丈夫!」と思っていても、実は大きなサラダボウル一杯食べないと、食物繊維の量は不十分。

一方、キャベツなどの野菜を煮込んだスープであれば、3杯程度で、まずは合格のようです。

外食が多くてどうしても野菜不足・・・という人の場合は、野菜いためや、中華丼などがおすすめ。

できるだけ意識して野菜の多いメニューを選びながら、積極的に食物繊維を摂るように心がけましょう。

うんち便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ