便秘薬をやめる方法

長年便秘で悩まされている人の中には、便秘薬がないと、もう自力では排便できないほど、薬に依存しきっているケースもあります。

人間の腸は、便秘薬を使い続けるほど、どんどん動きが悪くなり、少しずつ便秘薬が効かなくなってくるので、時に注意が必要。

便秘薬を常用するというのは、それだけ便秘を治りにくくさせていることにもなるのです。

特に便秘薬を使いすぎて、すでに決められた用量以上を飲まないと、排便が起こらなくなっている人は、一度病院できちんと診察してもらったほうがいいかもしれません。

便秘薬に依存しきっている腸をうまく動かし、本来の機能を取り戻すためには、医師の指示に従って正しく治療していくことも大切です。

毎回大量の下剤や便秘薬を使って、無理やり排便をしていた腸の場合、急に薬をやめることで、再び便秘になることが多く、このさじ加減がなかなか難しいところ。

薬の量を徐々に減らしていく一方で、食物繊維や乳酸菌をたくさん摂り、腸に自然の刺激を与え続けていくことが、便秘薬から脱出する基本でもあります。

また便秘は生活習慣とも大いにかかわっています。

特に学生や働いている女性の場合、朝に排便する時間がなく、日中は恥ずかしくて我慢していることで、排便のチャンスを逃がしていることも多いもの。

週末に下剤でまとめて排便しているようであれば、今よりも1時間早く起き、朝に排便の時間をしっかりと作ることで、体のリズムが変わっていきます。

便秘薬の代わりに天然ハーブのサプリメントを使ってみることでも、自然なお通じがつきやすくなりますよ。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ