絶対に下剤を使わなくてはいけない時

世の中、便秘に悩む人はとても多く、今ではさまざまな便秘薬や下剤が薬局で販売されていますよね。

旅行中は誰でも便秘になりやすいですし、ちょっとしたストレスや、環境の変化でも、一過性の便秘はおきやすいもの。

そんな時には、とりあえず市販の便秘薬を使って便秘を解消するのも一つの方法です。

また、絶対に下剤を使わなくてはいけない時もあります。

それは、胃のエックス線検査でバリウムを飲んだ時。

バリウムは時間の経過とともに硬くなってしまうので、飲んだらできるだけ早く体の外に出さなくてはなりません。

中にはバリウムが腸内で固まってしまい、腸閉そくを起こす人や、カチカチになったバリウムを無理やり出したせいで、切れ痔になる人もいます。

バリウムを飲む際には必ず下剤も渡されるので、すぐにたくさんの水と一緒に飲むようにしましょう。

あとは、大腸の検査をする時にも下剤は必須です。

こちらも事前に医師からの説明があるので、検査の日には食事を抜いたり、下剤を飲んで、大腸内を空っぽにしておく必要があります。

それ以外の場合は、基本的に下剤は飲まないに越したことはありません。

一過性の便秘の時に、1、2度使うレベルであれば、特に問題はありませんが、毎週のように使ったり、どんどん量が増えていくようであれば要注意。

最近の便秘薬は、自然に近いお通じになるように、いろいろ工夫されていますが、使い続けるうちに、腸が慣れてしまい、だんだんと効き目が弱くなってしまいます。

便秘はひどくなる前にいかに対処するかが大切。

「便秘かな?」と思ったら、まずは天然ハーブを使うなど、早めの対策を取るように心がけておきましょう。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ