便秘に効く水の話(その3)

便秘を解消するためにも、また便秘の予防としても、常にできるだけ多めの水分摂取を心がけておきたいものですよね。

たとえば、硬水や炭酸水は、腸にもいい刺激となって排便を促してくれるので、水分補給としてもおすすめです。

ただし、硬水はミネラル成分が高いほど便秘を解消する効果も高いのですが、ミネラル分が多いほど、若干の飲みにくさが。

炭酸水もそのまま飲む場合は、少し酸味を感じることもありますし、甘くすると今度はカロリーが気になります。

また炭酸水は、人によってお腹にガスがたまりやすくなるので、そういった点で、敬遠する人もいるかもしれません。

実は、便秘に効く硬水や炭酸水を飲みやすくするために、ぜひ活用してほしいものがあるんです。

それはずばり「オリゴ糖」と「レモン」。

オリゴ糖は腸内の善玉菌である乳酸菌のえさになるので、腸内環境を整える効果があることでも、すでに有名。

その効果が特定保健食品(トクホ)として、認定されている商品も数多くあります。

しかもカロリー控えめなのもうれしいですよね。

そこへビタミンCの豊富なレモンを加えることで、便秘解消効果が更にパワーアップしますし、断然さわやかな味に。

硬水は甘くのみやすい「レモン水」になりますし、炭酸水は、カロリーが気にならない「炭酸レモンジュース」になるので、子供でも喜んで飲んでくれます。

便秘の解消には水分補給が欠かせませんが、どうせ飲むのであれば、
より効果の高い水をオリジナルにアレンジして、
自分だけの水を作ってみるのもいいかもしれませんね。

うんち便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ