朝食をとらない人の便秘解消ジュース(作り方編)

便秘に悩んでいる人の多くは、食物繊維の摂取量が足りていないことがその一因。

特に朝ごはんをしっかりとらない人は、その分、1日の食物繊維の量が少なくなりがちなので、せめて手作りジュースで補ってあげるようにしましょう。

作り方はとても簡単。

食物繊維のありそうな野菜や果物をミキサーに入れて、ミックスするだけ。

ヨーグルトや豆乳をベースに作ると、便秘解消効果がパワーアップします。

例えば、一番簡単なのは、バナナ+飲むヨーグルト。

きなこやココアも食物繊維が豊富なので、一緒に加えてみると味のバリエーションが広がります。

また、甘さが足りないと感じる時には、砂糖よりも、腸内環境を整えるオリゴ糖のほうが、断然便秘解消効果が高まります。

リンゴやキウイフルーツなんかも食物繊維が豊富な果物なので、便秘解消ジュースにはおすすめ。

ちなみにオレンジのようなかんきつ系のフルーツも便を軟らかくする効果があるので、もちろん便秘解消ジュースにも使えますが、牛乳と混ぜると分離しやすい特徴があります。

野菜を使う場合は、ニンジンやトマト、小松菜なんかがおすすめ。

ジュースにホウレン草を混ぜる場合は、アクが強いので、生のままではなく、
ゆでたものを利用しましょう。

同じ食材ばかりでは、だんだん飽きてしまうので、ぜひオリジナルのジュースづくりにチャレンジするのも、また楽しいもの。

季節に合わせた果物や野菜をじゃんじゃんミックスすれば、
便秘解消だけではなく、美容や健康にも効果がありますよ。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ