腹式呼吸で便秘を解消

人は普段、無意識に息をしていますが、この何気ない呼吸の仕方も、人によってちょっと違いがあります。

一般的には「鼻から吸って鼻から吐く」ということを繰り返していますが、例えば、鼻の調子が悪い場合、口で呼吸をしていることも。

また、意識せずにする呼吸は、主に胸が動く「胸式呼吸」ですが、深く息を吸って吐くような深呼吸をすると、お腹が動く「腹式呼吸」になります。

実は、普段の呼吸を少し変えることで、便秘の解消にも効果アリ。
時間のあるときにはぜひ、ちょっと意識して息をしてみてください。

特に便秘の解消に効果があるのは、ズバリ「腹式深呼吸」。

普段無意識に行う呼吸は浅く、腹筋はほとんど使いません。

その点、腹式呼吸は、意識してお腹を膨らませたり、ひっこめたりするので、おのずと腹筋にもいい刺激となります。

また腹式深呼吸はゆっくりと息をするので、気持ちを落ち着かせる、リラックス効果も期待できます。

腹式呼吸と聞くと、ちょっと難しく感じる人もいますが、コツをつかめば、とても簡単。

まずは口から少しずつ息をはき出して、できるだけお腹をへこませてみましょう。

この時、できるだけ体の中にある空気を全部吐き出すようなイメージで、しっかりと息を出し切ることがポイント。

終わったら、今度は鼻からゆっくりと息を吸い込みます。

腹式呼吸は1日3回、10分程度を目安にゆっくりと深く行うことが基本。(だから腹式深呼吸なんです。)

立った姿勢で行ってもいいですが、座ったままでもいいですし、仰向けに寝ながらやってみてもOK。

腹式呼吸は習慣づけることで、腹筋力が高まり、便秘の解消効果もアップします。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ