ジェネリック便秘薬の効果

最近薬局などでよく聞く「ジェネリック」という言葉。

ジェネリック医薬品とは、新薬としての特許が切れたあと、それと同じ成分で作った薬のことです。

新薬を「先発医薬品」と呼ぶのに対して、ジェネリック医薬品は、「後発医薬品」とも呼ばれています。

このジェネリック薬は、薬の開発費が掛からない分、
価格が安いというのが最大の魅力。

効果は基本的に新薬と同じ、といわれているので、
ぜひ便秘薬でも使ってみたい、という人がいるかもしれません。

実際、病院でよく処方される便秘薬の中でも、
ジェネリック薬で対応できるケースもあります。

例えば、「ラキソベロン」という液体の便秘薬の場合、
ジェネリック薬として「ベルべロン」という便秘薬があります。

価格で見てみると、先発薬のラキソベロンは、1mlあたり28.8円。

ジェネリックのベルべロンは10.4円になるので
、効果に違いがないようであれば、安い方を購入するのもいいかもしれませんね。

一方で、プルセニドという便秘薬のジェネリック薬として、
センノシドという薬があります。

どちらもセンナが有効成分として使われている便秘薬なのですが、
効き目が少し違うという意見も。

実は、医薬品の場合、たとえ有効成分が同じでも、
先発品とジェネリックでは、主成分の製造過程が異なることがあり、
その影響で効果に若干差が出るケースもあるのだとか。

薬を加工する際には、添加物や充填剤などを使うのですが、
そういった違いや、成分の溶けだし方に違いが出てきて、
効果にも差が生まれるそうです。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ