ひどい便秘は病院で治そう

「便秘は病気ではない」と思っている人も大勢いますが、それも実は症状によっての話。

例えば、2週間以上便秘が続いたり、便秘のほかに腹痛や吐き気といった症状があるようであれば、さまざまな病気の可能性もあるので、ぜひ一度受診したほうがいいでしょう。

また、便秘がもはや習慣になっていて、下剤を使わないと排便ができなくなっているようであれば、やはり一度病院へ行って、よく相談にのってもらったほうが、結果的に便秘も解消しやすくなります。

では便秘を治したい場合、何科の病院へ行ったらいいのでしょうか。

一番おすすめなのは、便秘外来のある病院。

でも、実際には、便秘を専門に扱っている専門科の数がまだまだ少ないので、まずは内科系の病院へ行く人が多いかもしれません。

基本的には胃腸科や消化器内科、あとは肛門科のある病院でも、便秘を診察してくれるようです。

また、せっかく通うのであれば、できるだけ親身になって相談にのってくれる病院を選びたいところですよね。

医師によっては、便秘を軽くとらえて、単に下剤を処方して終わる場合もあるかもしれません。

そういう場合には、残念ですが、ぜひ別の病院にかえてみてください。

確かに便秘は誰にでも起こる、よくある症状の一つです。

でも、中にはずっと慢性的な便秘に悩んでいる人もいますし、便秘をしている本人にとっては、とても辛いことでもあります。

そういったことをしっかりと理解して、根気よく便秘の改善に取り組んでくれる医師が見つかれば、頑固な便秘もきっと治すことができますよ。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ