腹筋を鍛えて便秘も解消!

便秘と腹筋は大いに関係があると言われていますが、その理由は2つあります。

一つは、便を押し出すために、腹筋が必要だから。
特にお年寄りや子供は、排便したくても、腹筋が弱くて、便秘になるケースがあります。

もう一つは、腹筋が少ないと内臓が支えられないので、胃腸が下がってしまい、その影響で腸の動きが悪くなってしまうから。
内臓が正しい位置あることも、健康維持にはとても重要なことなのです。

便秘の解消に必要な腹筋を鍛えるためには、運動をすることが基本中の基本です。
よくある腹筋運動でも十分いいのですが、今回は、ちょっとアレンジした腹筋運動をいくつか紹介します。

「V字バランス」
・膝を伸ばして、両足をそろえて座り、両手はやや後ろに置きます。
・そのまま両足を上げ、45度ぐらいの角度で、10秒間キープします。

「足上げ」
・両手を体の横に置き、仰向けに寝ます。
・膝を伸ばしたまま、両足をゆっくりと30cmほど持ちあげて5~10秒間キープします。

「膝を曲げて腰上げ」
・膝を曲げて、両足をそろえて座ります。(両手はやや後ろに)
・お腹に力を入れて腰を持ち上げ、その状態で10秒キープ。(頭から膝までがまっすぐになるように)

それぞれの腹筋運動は、5回程度が目安なのですが、少しずつ、自分のペースで続けていくことが大切。
朝晩、布団の上で行うと、とても効果的です。
(ただし腰の悪い人は、負担がかかりやすいので、無理にはしないほうがいいでしょう。)

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ