便秘薬を減らしていく方法

便秘になると薬を使って解消する、という人はとても多いですよね。

確かに、排便がない日が続くほど、気になってきて、だれもが、「早く解消したい!」と思うもの。

便秘薬は薬だけあって効果も高く、多くの人が薬の作用で、無事排便することができます。

ただし、便秘薬は使い方を間違えると、どんどん効き目が弱くなってきて、量が増えていく危険もあります。

あくまでも便秘をした時に限って、その都度利用する分には問題ありませんが、薬がないと排便できないようであれば、かなり問題。

一度増えた便秘薬を減らすことは、それなりの努力が必要です。

もし便秘薬の使用量が増えているようであれば、思い切って、今使っている薬の量を1割程度減らしてみましょう。

その代わり、運動や食事の改善、あとは水分補給を1週間、頑張って取り組んでみてください。

特に食事は、食物繊維を豊富に取り、あわせて、ヨーグルト、キムチ、納豆といった乳酸菌や発酵食品を積極的に食べるのがおすすめ。
これで排便があるようであれば、更に薬を1割減らしてみましょう。

便秘薬に依存していた人ほど、薬を急にやめるのではなく、量を減らしながら腸の状態を改善していくことが大切です。

1週間2週間という短い期間では、なかなか便秘薬を断ち切ることはできませんが、ゆっくり少しずつ時間をかけて便秘体質を改善することは可能です。

また、便秘は脳とも深く関わっているので、気持ちや精神状態も重要なポイント。
便秘を常に気にしていたり、早く解消しなくては!とあせっては、かえって逆効果です。

便秘薬がないと不安な人は、薬から、便秘に効くサプリメントに少しずつ移行して、より「便秘に効く食品」に近づけていくのもおすすめです。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ