漢方薬で便秘を解消する場合

便秘を解消する方法はいろいろありますが、最終的にどうにもならない場合は、やはり薬に頼るというのが一番多い対処法。
ただし、便秘の解消によく使われている薬剤は、使い続けると、どんどん効果が弱くなってしまうので、便秘だからと言って、常用してはいけません。
また、最近は、便秘に効く漢方薬もたくさん販売されています。
一般的に漢方を使った便秘薬は、化学薬品が主成分の便秘薬よりも、効果が穏やかなので、
特に「便秘薬を飲むと決まってお腹が痛くなる」という人におすすめと言われています。

漢方は植物といった天然由来の成分が多く、副作用が少ない、というのも特徴の一つですが、
だからと言って、便秘に常用するのはやはり危険。

市販の漢方薬の中には下剤に使われるのような成分が配合されていることもありますし、
腸に直接作用する成分は、徐々に慣れてしまい、効かなくなってくるケースもあります。

また、本来漢方薬は自分の体質に合った成分を用いる、というのが、正しい使い方。

漢方の世界では、体質に合わせて、6つのタイプに分類されるので、
まずは、自分の体質がどれに属するのか、よく知っておくことも大切です。

慢性の便秘を解消したい場合も、気軽に市販の漢方薬を使うのではなく、できたら、自分の体質に合った漢方を利用したほうが、
より効果も高いのだとか。

直接腸に作用するような、即効性のある漢方薬もありますが、むしろ、体質に働きかけるような漢方を使用したほうが、長い目で見てメリットも多いようです。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ