海藻を毎日食べて便秘解消

便秘の解消には、とにかく食物繊維をたくさん摂ることがとても大切。

でも、ゴボウやいも類といった食品は、水にとけない不溶性の食物繊維なので
、大量に食べるとお腹が張って、つらくなることもよくありますよね。

一方、こんにゃくや海藻などに含まれる食物繊維は、
水に溶ける水溶性の食物繊維。

たくさん食べても、お腹が張ったり、おならが出にくい、というメリットがあります。

特に海藻類は、カロリーが低く、便を軟らかくする作用があるので、ぜひ毎日でも摂りたい食品の一つです。

例えば、もずくは最近「もずく酢」としても販売されていますし、カップに入って食べきれるので、ぜひ食卓にも気軽にのせていきたいところ。

もずくの食物繊維に加えて、酢も腸にはいい刺激になるので、
便秘に人にはおすすめの食品です。

同じように「ところてん」も、海藻でできているので、
水溶性の食物繊維と酢が同時に摂れます。

ヒジキやこんぶは、煮ものとしてまとめて調理しておきましょう。

冷蔵庫で保存すれば、数回に分けて食べられますし、混ぜご飯に利用すれば、
子どもや高齢者の便秘解消にも役立ちます。

ワカメはお湯や水で戻すだけ、という商品も多いので、みそ汁などの汁物を中心に、ふんだんに入れちゃいましょう。

同じ食品だけを続けて食べると、すぐに飽きてしまいますが、「海藻類」としてくくって考えれば、意外に種類も多く、その分レパートリーも広がります。

さまざまな海藻を日替わりで食べるようにすると、毎日コンスタントに水溶性の食物繊維を摂取することができますよ。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ