重度の便秘は休職して治療

便秘はちょっとしたことでも起こるので、身近な不快症状の一つです。

 

なので「便秘は病気ではない!」と思っている人も少なくないのですが、

実はそれは大きな間違い。

 

便秘薬を使わなくては、全く排便できないほどの重度な便秘は、

十分に病気であり、治療する必要があります。

 

最近は、自然な排便信号を全く感じない、という重度の便秘症の人が増えており、

病院によっては便秘外来を設けているところも。

 

1回に使う便秘薬が規定量を超え、さらにどんどん増え続けていくようであれば、

一度専門医に相談して、徹底的に治療することも大切です。

 

実際、仕事をいったん休職して、便秘を治療した人もいます。

 

特に仕事が忙しい人ほど、生活にリズムが狂いやすく、

重度の便秘になりやすいもの。

 

ただし、中途半端な対処法では、

いつまでたっても便秘薬をやめることができません。

 

まずは便秘を専門に扱っている病院を訪れて、体に異常がないか、

詳しくチェックしてもらうことが、根本的な便秘解消の第一歩です。

 

もし、体に異常が見つからなければ、生活習慣や食生活を見直し、

便秘薬に依存してきた腸を改善するように努めていきます。

 

特に朝の排便信号は、便秘をしないための重要のポイント。

 

朝食をしっかりと摂り、その後排便したくなるまでの間、

とにかくリラックスした時間を過ごすことがとても大切です。

 

また、今まで使っていた便秘薬も、突然止めるのではなく、

医師の指導のもと、少しずつ量を減らしていくようにします。

 

薬の依存度が高い便秘ほど、短期間ではなかなか改善できないので、

重度の場合は思い切って休職し、

徹底的に治療するというのも選択肢の一つなのです。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ