食が細い人の便秘解消法

食が細い人の場合、便になるカサ自体が少なく、
便が少しずつしかたまらないことで、便秘になりやすい傾向があります。

特に高齢者や、病気で食事がうまく摂れない人は、どうしても慢性的な便秘になりやすいので、常に便秘薬に頼らざるを得ないことも。

便は長い間腸に留まるほど硬くなり、さらに排便がしづらくなってしまうので、
たとえ毎日ではなくても、できるだけ定期的に排便の習慣をつけることが大切です。

本来、人間の体は腸内に便がたまるたび、排便するように、
肛門へ向かって便を送り出していきます。

肛門に便が近づくと、脳から信号が送られて、スムーズに排泄する、
という仕組みなのですが、もともと食べる量が少なく、便のカサが少ないと、
排便信号が出にくくなります。

食が細くて、どうしても便秘になりやすい場合、
まずは、食物繊維をできるだけ多く摂る食事を心がけてみてください。

もし飲み込みなどが難しく、食べられるものに制限があるようであれば、
ヨーグルトや乳酸菌製剤などを利用して、

喉ごしのいいものから試してみるのもいいでしょう。

また、便秘の改善には、運動もとても大切です。

体操や軽い散歩など、体に無理のかからない運動を心掛けると、
便秘の解消にもつながります。

食後は30分を目安に、ゆっくりトイレに行く習慣をつけたり、
お腹をマッサージするのも効果的です。

それでも便秘が解消せず、お腹が張って苦しいようであれば、安易に市販薬を

常用するのではなく、医師から処方された便秘薬を用いるようにします。

浣腸を使う場合は、毎日ではなく、3日程度間隔をあけるようにしましょう。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ