本格的な漢方薬で便秘を解消しよう!

医学は大きく分けて考えてみると、化学薬品をメイン使う西洋医学と、漢方と言った生薬を利用する東洋医学があり、便秘の解消法にもそれぞれ違いがあります。
一般的に市販されている便秘薬の多くは、化学成分が主体となっていますが、最近は漢方成分の便秘薬も販売され、利用している人も少なくないですよね。

漢方の世界では、薬を処方する際に、症状だけではなく、その人の体質も合わせて細かくチェックします。
体調や症状などを総合的にみて、適した漢方薬をオーダーメイドで処方する、というのが、一番効果的な漢方薬の利用法とも言えます。

例えば、漢方で、便秘に効くと言われている代表的な薬として以下のものが挙げられます。

・大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)
・大柴胡湯(だいさいことう)
・三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)
・大建中湯(だいけんちゅうとう)
・麻子仁丸(ましにんがん)
・小建中湯(しょうけんちゅうとう)
・乙字湯(おつじとう)

特に大黄は便秘の解消にとても効果的な成分と言われており、「大黄甘草湯」はまさに漢方便秘薬の基本。
ただし、血圧に高い人には「三黄瀉心湯」のほうがおすすめと言われています。
また、お腹が張って常にガスっぽい場合は、「大建中湯」が処方されることもよくありますし、高齢者の便秘には、「麻子仁丸」が使いやすいそうです。

ちなみに生薬でできた便秘薬や、漢方系の市販薬として、よく「センナ」の成分を目にしますが、東洋医学の専門医から便秘薬を処方される場合、センナをもらうことはほとんどないそうですよ。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ