妊婦中は便秘を予防して痔も防ごう!

妊娠中は、体調も変化しやすいので、今まで便秘には無縁だった人でも、妊娠中に限って、便秘になった!ということがよくあります。

妊娠すると、ホルモンのバランスが変わることに加えて、赤ちゃんによって腸が圧迫されるので、妊娠後期になるほど、どうしても便秘をしやすくなります。

また、便秘に合わせて、悩みの種になりやすいのが、痔になってしまうこと。
実は、妊婦さんの半数近くの人が、痔の悩みをかかえている、というデータもあるそうです。

妊娠中に起こる痔の原因としては、やはり便秘もその一つ。

便秘になると、便が硬くなり、排便するときにも肛門に力がかかってしまうので、どうしても痔になりやすいのですが、妊娠中は肛門の周りの血行が悪くなりやすいので、なおさら。

まずは水分や食物繊維を多く摂って、できるだけ便秘にならないように心がけることが大切です。

特に便秘から来る痔を予防するには、肛門の周り温めて、血行を良くすることもおすすめの方法。

長い間座っていると、肛門に圧力がかかり、血行も悪くなりやすいので、定期的にマッサージなどをして、血行促進を図りましょう。
また、妊娠中でも程度に運動をすることは、便秘を予防に対しても、とても効果的です。

ちなみに妊娠中は座るときにも、できるだけ円座クッションを使ったほうが、便秘にもなりにくいのだとか。

円座クッションは、主に痔になった人だけが使う、というイメージが強いのですが、肛門部分が圧迫されないので、妊娠中には、積極的に使ってほしいグッズとも言われています。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ