便秘ではないけれどお腹が張る場合

お腹の張りは、便秘が原因になっていることも多いのですが、その一方で「毎日排便があるのに、常にお腹が張っている」という人もいます。

お腹が張る主な原因としては、便秘のほかに、おならの成分でもあるガスが腸内にたまること。
ちなみに女性の場合は、排卵日や生理中もホルモンの関係などで、お腹が張りやすくなります。

おならが増える原因としては、食事中に空気をたくさん飲んでしまうことや、ガスが生成されやすい食べ物を摂っていること。
また、腸内環境が悪くなっても、やはりお腹がガスっぽくなります。

よくお腹が張る人は、まずゆっくり食べることが大切。
更に、ガスがたまりやすい炭酸や、いも類などを少し控えてみるのもいいでしょう。

また、便秘になるからといって、繊維質の強い食べ物ばかり食べていると、やはりお腹が張りやすくなります。
体質にもよりますが、スパゲティに使われる強力粉や牛乳、あとはとろみ成分の片栗粉なんかも、比較的お腹が張りやすいので、ちょっと気にしてみるのもいいですね。

食べ物にこれと言って思い当たるふしがない人は、やはり腸内環境が原因かも。
特に煙草を吸う人は、ビタミンCが壊れやすく、その分腸内バランスも崩れやすい傾向があるので、注意が必要です。

例えば、最近はビフィズス菌にビタミンCが配合されている整腸剤もあるので、そういったものをしばらく飲んで、お腹の張り具合を確認するのもおすすめ。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ