腹筋力の低下が原因の便秘

便秘と一口に言っても、いろいろとタイプがある事はご存知でしょうか。

タイプによってさまざまな原因があります。

そして解消方法もちがってきます。

 

便秘でお悩みの場合、自分がどのタイプの便秘であるかということを知ることは、便秘解消のためには重要なことだといえます。

 

最も多い便秘のタイプは慢性的な便秘です。

昔から長く便秘がちである場合がこのタイプだといえます。

 

慢性的な便秘でその原因となるもには様々ありますが、

最も多いのが腹筋力の低下によるものです。

 

弛緩性便秘と呼ばれるこのタイプは、「ぜんどう運動」

と呼ばれる腸の運動能力の低下によって起こるものです。

 

運動不足が腹筋力の低下を引き起こすわけですから、

適度な運動をすることでこのタイプの便秘にならないように出来ると思います。

 

弛緩性便秘であれば腹筋を鍛えることが解消法となるわけですが、

自分のペースで毎日軽い運動を続けるようにすることが望まれます。

 

特に高齢者であれば、急に刺激の強い運動をすると心臓への過度な負担がかかることも考えられますので、自分の身体の状況にあわせて鍛えるようにしてください。

 

腹筋と大腸との関係は強いものがあります。

 

大腸を支えている筋肉である腹筋の力が衰えると

大腸下垂ということになってしまう可能性があります。

 

これが、ぜんどう運動を低下させて便秘の原因となってしまうのです。

 

運動不足にならない様に、毎日出来るだけ身体を動かす努力が必要です。

 

でも特別なトレーニングの必要はありません。

 

出来る範囲の簡単な運動でいいので続けられることをやるようにしてください。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ