便秘の改善に薬に頼るなら

便秘薬は出来れば便秘解消には使わないで治したほうがいいと思うのですが、

症状を緩和させてくれるのでうまく使うことで体調も良くなることもあると思います。

 

でも、便秘薬についての知識は持っていた方が良いでしょう。

 

一般的には下剤の事を便秘薬と考えていると思いますが、

種類もたくさんあって症状によっては副作用がひどかったりもします。

 

しっかりと症状に合った薬を使用するようにしてください。

 

弛緩性便秘の場合は、腸のぜんどう運動を活発にさせる便秘薬として刺激性下剤と呼ばれるタイプの弛緩剤を使いますが、

この薬は刺激が強く腹痛や下痢の症状が出る場合があります。

 

刺激が強いので使ったとしても常用するようなことのないようにしたほうが良いでしょう。

 

大腸に炎症を起こせさてしまうかもしれません。

 

それに、強い薬である弛緩剤の常用は、依存症になってしまう危険もあります。

 

薬を使わないと排便が出来ないという状態に陥ってしまうので十分に注意しなくてはいけないでしょう。

 

また、便秘の中にはぜんどう運動が活発になリ過ぎて起こる痙攣性便秘というものもあります。

 

この便秘になっている人は弛緩剤を使用することのない様に気をつけてください。

ぜんどう運動がさらに活発化して症状を悪化させてしまいます。

 

他にも腸内の塩分濃度をあげて浸透圧を利用して水分を腸内に取り込んで便をやわらかくする塩類下剤。

 

腸内で便を膨張させるために、便の水分量を増やす膨張性の下剤。

 

といった刺激性の少ない下剤もあります。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ