ぜんどう運動を活発にさせるためのビタミンC

便秘の原因となるものは色々とありますが、それらが解消されたとしてもぜんどう運動の機能が低下していては便秘解消ということにはなりません。
ぜんどう運動は排便にとってとても重要なものである事はご存知だと思いますが、ここでもう一度その仕組みについてお話します。

ぜんどう運動とは、腸の輪状筋が腸に入ってきた食べ物を正しく肛門から排便されるように活動する事を言います。
便となっていくものを移動させるために動く状態がミミズが身をくねらせて移動する状態に似ていることから、ぜんどう運動と呼ばれているわけです。

さて、このぜんどう運動は、自分の意思でどうにかできるというものでは当然ですがありません。
自律神経によって運動することになるのです。
そこで、活発なぜんどう運動をさせるためにはいくつかの条件を整えてあげる必要があるわけです。
その条件の一つとして、ビタミンCの摂取があります。
ビタミンCは、腸内で分解されるときにガスを発生させます。このガスの発生がぜんどう運動を活発にさせるのです。

ぜんどう運動が活発になれば、便の動きがよくなって便秘の解消にもつながるということになります。

ビタミンCのいいところは、摂取しすぎても体内に蓄積されることがないということです。

摂取量を特に気にする必要がないというのはありがたいものだと思います。
多く取りすぎたときに起こるリスクを考える必要がないのです。
そして、ビタミンCは果物や野菜などよく食べているものからも多く摂取できるというのもいいと思います。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ