乾燥プルーンを食べて便秘解消!

欧米ではプルーンは便利に聞く食べ物として広く知られ、広く愛用されているといいます。

プルーンに、緩化作用があることは私もずいぶん前から知っていたのですが、確かに市販のプルーンの袋にはプルーンを食べすぎるとお腹が緩くなることがあるので、注意してくださいと書いてあります。

プルーンが便秘に良い理由は、プルーンには緩化作用のある成分がたくさん含まれているからです。
ポイントはカリウムが入っていること。
カリウムは腸のぜんどう運動を活発にする働きがある。
そしてマグネシウムにも腸のぜんどう運動を高めて便通を促す働きがある。
それにビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシンなどのビタミンB群も豊富です。
ビタミンBは腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やし腸の働きを整えてくれる。

ただし、プルーンは甘くて糖分が多いので、カロリーが気になるところですねよね。
1日に2~3粒で効果が出る人もいるとかいないとかいう話だが、あたしの場合は、1袋は食べないと、効果が出ないようです・・・
カロリーが気にならず、プルーンが好きな人は、ぜひプルーンを試してみてくださいね!

腹筋の力が弱いと、腸が緩んで、腸の運動が低下し、便がスムーズに移動できなくなります。
それに便意を催しても、圧力が十分にかけられないので便を押し出すことができない。
すんなり排便するためには腹筋を鍛えることが実は大切なんです。

腹筋を鍛える運動は朝目覚めた時にするのが効果的だといいます。
腹筋運動すれば便秘解消は勿論、シェイプアップも出来て一挙両得です。
ただし、毎日続ければですが・・・

肝心な腹筋の方法です。
・うつ伏せに寝て、両手はあごの下にくんでおき、膝を曲げてかかとでお尻をたたくように動かす。
かかとを押しにつけるように、リズミカルに左右交互に、20~30回ずつ行う。
・うつ伏せに寝て両手をあごの下におき、膝が曲がらないように足を10回ずつ上下させてバタ足をする。
・仰向けに寝て膝を伸ばしたまま、足先を30から40センチ床から上げる。そのままの格好を30秒くらい保つ。3回くらいこれを繰り返す。
・仰向けに寝て両足をそろえ膝を曲げないように上に上げていく。足と床が直角になるまであげたら両手をひじを曲げないように、床と直角になるまで上に伸ばす。両足両手を同時に振り下ろした反動で、上半身を一気に起こす。5回くらい繰り返す。
・仰向けに寝て、両手を首の後ろで組み、首を支えながら頭を起こす。かかとを立てかかとを押し出すように、足先を体のほうへ足先を20~30秒間見てから、もとの姿勢に戻す。5回くらいこれを繰り返す。

これが続けば数ヵ月後には見違えるプロポーションに!!!なるはず・・・私は続きませんが・・・ガッツのある本気のアナタには是非チャレンジしてほしいです!

うんち便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ