現代人にはハーブによるクレンジング解毒が必要だ

便秘解消&宿便の救世主その2

前回の続きを早速、それでは私がふと目にしてぐっと興味を引かれた記事の一部を紹介します。

東洋医学では全ての病はお腹からきていて、内蔵機能のバランスが乱れると、気や毒素が溜まって血が汚れ、抵抗力も衰え病気になるといいます。
それでまず、お腹の掃除をして決行を良くし、臓器を健康にし、問題の原因にあたる内臓を見つけ、そこを補助しながら機能のバランスをとっていく。

お腹を掃除して活性化すると食欲が出てくる。「人間は食べれなくなったら終わりだ」と昔の人がよく言っていたように、漢方では「食欲」=「生命力」というくらい食欲を重要視する。
そして同時にどのような食品で食欲を満たすかという事も重要視する。
東洋医学(漢方)の考え方では、食品の選択は経験から提示するものとされている。

例えば豚肉はお腹に入ると水になり牛肉は火になるといい、海老を食べ過ぎると傷口が治りにくくなるという。
髪の毛が抜けるのは決行が悪く、体内熱がアンバランスになり血が火になるからだという。

これらは全て内臓からきており、内臓へいく食品からきていると説いている。
基本は内臓に負担が掛からない消化に良い食品を消化しやすいシンプルな調理法で食べる事。

食欲が出ればもちろん元気になるし、便通が良ければ爽やかで気分が良くなる。
気分が良ければ行動的になるので、夜もぐっすり眠る事が出来る。

漢方の権威である陳先生の話を伺う機会があり、先生が開発した腸内洗浄ハーブ(腸内環境改善サプリメント)に出会い、便秘の答えは下剤ではなく、消化機能のバランスと活性化だということが解った。

腸内洗浄ハーブ(腸内環境改善サプリメント)を飲み始めてから、排便回数が多くなり、トイレに行くのが楽しみになった。

早起きが出来るようになり、自律神経失調症が改善し、自律神経はお腹でつかさどられている事を体験する事が出来た。
ストレスの多い現代社会では、自律神経失調症で悩んでいる人が大人だけでなく子供にも増えているという。
ストレスは全てお腹に来るので、内臓の機能を低下させる大きな原因となる。
それで、イライラしたりカッとしやすくなってしまうのだ。
時代がめまぐるしく発展すればするほど腸内洗浄ハーブ(腸内環境改善サプリメント)によるクレンジング療法のような自然療法が重要になってくるのではないだろうか?

副作用のない100%天然素材から作られた複合ハーブ腸内洗浄ハーブ(腸内環境改善サプリメント)の素晴らしさを私は声を大にして皆さんに伝えたい。

次回に続く

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ