クレンジング療法をするならば・・・その2

便秘&宿便の救世主現るその5

前回の続きから自然療法、クレンジング療法から時代は抗生物質に移り変わり・・・というところから今回のブログスタートです。

1940年代に入り、抗生物質が発明されたことにより、この自然療法は廃れていきました。

なぜなら抗生物質は即効でパワフルな効果が出る便利な薬でこれが治療の主流となっていったからです。

まぁ当然ですよね。

その後、現在に至るまで病気の治療の多くを抗生物質の投与に頼るというやり方が続いています。

抗生物質が開発されるまでは、病気にならないように予防するという考えが中心だった。

しかし、抗生物質が出回り始めてから病気になれば、病院へ行って薬を貰って飲めば良い。

という考えに移行し、予防の大切さ、自然療法の素晴らしさが薄れてきたのです。

しかし、手術や薬物による対症療法を行う現代医学のあり方に限界が出始めている今、自然療法によるプリベンティブメディスン(病気予防)が見直されている。

中でもクレンジング療法が脚光を浴びています。

私たち現代人は抗生物質などの薬やインスタント食品などの加工食品の利用が増えているがこれらに含まれる化学物質をカラダに残存させないためにもクレンジング療法が必要になってきているのです。

腸内洗浄ハーブ(腸内環境改善サプリメント)なら内臓全体の機能が強化され、体にたまった毒素が分解されて排泄される。

そればかりか、宿便や毒素が溜まるのを防ぐ効果もあるという。

クレンジング療法をするなら、やり方が感嘆で効果バッチリの腸内洗浄ハーブ(腸内環境改善サプリメント)が一番だと私は思う。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ