子供の便秘解消法

便秘は子供の頃からの筋金入り!なんて人も実は少なくありません。

実際、子供の頃から便秘がちだった人は、大人になってもやはり便秘になる傾向が強く、これには体質も大きく関係しているようです。

本来、生まれたばかりの赤ちゃんは母乳やミルクしか飲まないのに、とても快便。

便秘をすることはまずありません。

これはたくさん水分を摂っている事も関係していますし、赤ちゃんの頃とそれ以降では食事によって腸内環境も大きく変わっていくからです。

特に乳幼児期の場合、離乳食が始まると、便秘をしやすくなります。

ドロドロとは言え、初めての固形食は抵抗のある赤ちゃんも多く、食事にムラが出始めるのもこの時期以降。

好みによって食べる量が減ったり、偏食、遊び食べなど、食事の悩みと便秘の悩みは、すでに子供の頃から始まっているのです。

一般的に2~3歳の幼児期の便秘は食事の影響が大きいので、何とか食べ物でうまく便秘も改善していきたいもの。

ヨーグルトが食べられる子供であれば、積極的に与えるのもいいですし、オリゴ糖を混ぜれば更にパワーアップ。

また普段の料理にも、できればオリゴ糖を加えてあげると、便秘の解消にも役立ちます。

できれば意識して食物繊維の多い食事やおやつを与えていきたいところですが、この頃は子供に無理強いをしても食べないことがほとんど。

まずは好きな食べ物の中から、特に繊維質の多い食品をピックアップしていきたいものですね。

ちなみに子供の便秘は、お菓子の与え過ぎが原因というケースも。

主食をしっかりと摂り、できたらパンやめん類よりもご飯を中心にしたほうが、やはり便秘はしにくいようです。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ