子供の便秘と薬の利用について

赤ちゃんや小さなお子さんを持つお母さんにとって、子供の体調は常に気になるもの。

中でも便に関する変化は、健康のバロメーターでもありますよね。

赤ちゃんや子供の下痢は、一過性のものが多く、比較的原因もわかりやすいのですが、便秘は慢性化しやすく、なかなか解消しないもの。

体質として、便秘をしやすい赤ちゃんや子供も実際には少なくないのですが、毎回硬い便を苦しそうに出す姿は、できるだけ解消してあげたいのが親心・・・。

もし赤ちゃんや乳幼児が便秘になった場合、病院へ行けば、そのほとんどが浣腸をしてくれます。

これでひとまず腸にたまった硬い便や、古い便は、全部出すことができ、便秘は解消することができます。

ただし便秘は、何度も繰り返すケースもよくあるので、できるだけ普段の生活で便秘をしないように心がけることがとても重要です。

なお赤ちゃんや子供の便秘の場合、病院では「ラキソベロン」という液体の薬がよく処方されますが、この薬は妊婦さんも使えるものなので、副作用の心配はまずないそうです。

でも毎回便秘のたびに浣腸をしたり、便秘薬に頼る事はできるだけ避けたい、というのが本当のところ・・・。

一般的によく言われているのが、ヨーグルトやオリゴ糖などを多めに食べて、腸内環境をよくしてあげることなのですが、中でも「ヤクルト」は古くからその代表的な存在。

最近はヤクルトも進化していて、オリゴ糖を配合した商品もあるので、続けて飲めばそれなりの効果も期待できるかもしれません。

他にも「マルツエキス」なんかも赤ちゃんや子供の便秘にはよく効く、と言われています。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ