赤ちゃんの便秘と腸の病気

生まれたばかりの赤ちゃんは、便秘をするより、どちらかと言うと、やや下痢気味。

まだ母乳だけを飲んでいる頃は、1日2~3回、柔らかめの便をする、というスタイルが多いようです。

ただし、排便のリズムは赤ちゃんと言えど、人それぞれ。

なので、たとえ2日に1回しか排便がなくても、元気であればまず問題はありません。

毎回カチカチの便で、排便のたびに苦しそうな時は、さすがに便秘気味なので、できるだけ水分を多めに摂って、様子をみたいところですね。

とは言え、子育て経験のない、新米ママの場合、きっと便秘でも十分に心配の種。

確かに、かなりまれな確率ですが、赤ちゃんの便秘の裏に腸の病気が隠れていることもあるので、あまり便秘が続くようであれば、一度診察してもらうと安心です。

赤ちゃんに生まれつき腸の異常がある場合、生後間もなく便秘が始まります。

例えば、先天性巨大結腸症は、生まれつき直腸から結腸までの神経がなく、排便をうまく促すことができない病気。

もし赤ちゃんがこの病気にかかっていると、腸に便やガスがたまり、次第に結腸が大きくなりすぎてしまいます。

新生児のころから便秘で、お腹が張り、嘔吐などの症状が出るようであれば、この病気の可能性があるので、できるだけ早く受診しましょう。

また、乳幼児期には、腸の中に腸が入りこむ「腸重積」がおきやすい時期でもあります。

これは何らかの拍子で、腸閉そくの様な症状が起きるので注意が必要。

早めに手当てしないと、手術しなくてはいけない病気でもあるので、赤ちゃんが急に激しく泣いて、血便が出るようであれば、すぐに病院へ行って診察してもらってください。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ