赤ちゃんの便秘解消には綿棒浣腸

便秘は大人だけではなく、生まれたばかりの赤ちゃんであっても起こる可能性が十分にあります。
特にまだミルクを飲んでいるような月齢の小さい赤ちゃんが便秘をすると、お母さんはとても心配になりますよね。
でも大丈夫。
赤ちゃんの便秘はほとんどの場合、家庭でも十分に対処できるので、まずはあわてないことが大切です。

一般的に乳幼児は腹筋力が弱く、少し排便のリズムが狂うと硬い便が肛門に引っかかり、なかなか出てこなくなります。
乳児が便秘をするとお腹が張って、とても苦しそうになるので、ぜひ速やかに取り除いてあげたいものです。

例えば3日以上排便が無く、お腹を触ってはっきり分かるぐらいに張っていたら、硬い便が栓になっている状態。
いきんでいるのに、出そうで出ない場合には、まず綿棒浣腸を試してみましょう。

方法はさほど難しくありません。
綿棒の先にベビーオイルかオリーブオイルをつけ、お尻の穴に入れてあげます。
この時、前後に動かして、少し出し入れしてあげるといい刺激になります。

更には、どうしても硬い便がカチンカチンで出てこない場合、市販の浣腸をする方法もあります。
ただし、浣腸を一度も使ったことがない場合は、まず病院へ行って正しいやり方を教えてもらったほうが安心です。

ちなみに「綿棒浣腸をするとクセになる」という話もよく聞きますが、赤ちゃんの場合、成長するにつれて徐々に排便力がついてくるので、綿棒浣腸なしで排便できなくなる、ということはまずありません。
便秘で赤ちゃんが苦しんでいる時には、まず硬い便を出してあげて、できるだけ早く楽な状態にしてあげることが先決です。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ