便秘になりにくい赤ちゃんの離乳食

母乳を飲んでいる赤ちゃんは、1日に何回も排便するほど、便は柔らかいことが多いのですが、中には、便秘がちな赤ちゃんもいます。

特に離乳食が始まると便秘になりやすい、と言いますよね。

これはミルクの量が減り、水分不足になることや、腸内環境が変わることなどが影響しているようですが、離乳食に気を配ることで、赤ちゃんの便秘を予防することもできます。

ただし、離乳食が始まったころの赤ちゃんは、まだ歯が生えない状態。

離乳食を作る場合は、便秘の解消を意識して、少し手を加えてあげたほうが食べやすいでしょう。

例えば、サツマイモは便秘にとても良いので、離乳食にもおすすめの食材。
できれば裏ごしをしてあげて、積極的に取り入れてみてください。

とうもろこしも食物繊維が豊富です。

ただし、そのままでは消化に悪いので、クリームコーンを利用して、スープにして飲ませるのも効果的です。

他にもさまざまな野菜類をミキサーにかけて、食べやすくすると、離乳食にも活用できます。

また、ひと手間加えるのが面倒な時には、離乳食に「青汁」を混ぜるのも一つの手。

よく粉末の状態で販売されている青汁の中には、赤ちゃんに与えても大丈夫な商品もあるので、ぜひ活用してみましょう。

粉末の青汁は、さまざまな食品にそのまま混ぜることができるので、離乳食にもとても便利。
「ちょっと最近便秘かな?」と思ったら、ヨーグルトに青汁混ぜて与えてみたり、ミルクに混ぜて飲ませたりすると、栄養価もアップしますし、便秘の解消にも効果があります。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ