幼児の便秘は原因もいろいろ・・・

便秘は大人でも子供でも起こるつらい症状。

ただし、気軽に便秘薬が使える大人と違って、幼い子どもの場合、便秘解消法も悩みますよね。

そういう点で、「一番便秘が解消しにくい!」と言われているのが、2歳ぐらい子供、という説も。

2歳を過ぎると、自我が目覚め、親の思った通りに食事を摂ってくれないことが、便秘の大きな原因の一つにもなっています。

しかも、幼い子供ほど、便秘薬もうまく飲んでくれなかったりしますし、浣腸するにも大騒ぎ。

便秘と共に、子供の偏食に悩むお母さんが増えるのも、やはり2歳辺りからでしょう。

さらに2歳を過ぎると、徐々にトイレトレーニングも始まります。

これがまた、便秘を引き起こす原因になりやすく、やはり幼児期は、便秘になりやすい環境が整っているのかもしれません・・・。

一方で、意外に知られていないのが、体の変化による便秘。

実は、子どもの便秘は成長による体の変化でも起こることがあり、特に2歳あたりから出やすいそうです。

幼児期は、食事の量や便の大きさ、さらに腸の成長具合がアンバランスになりやすく、ちょっとしたことでもすぐに便秘になります。

食生活とは関係ないことが原因で、便秘をすることもよくあるので、お母さんはあまり深く悩まないことも時には必要です。

ちなみに体のアンバランスから来る便秘は、成長に伴って徐々に改善するので、しばらくの間は対処療法でしのぐしかないのだとか。

病院で子供向けの便秘薬を処方してもらうと、排便リズムが整いやすくなり、結果的に便秘が解消するケースもあります。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ