授乳中の便秘薬

女性の場合、妊娠中や出産後は特に便秘になりやすい、と言われています。
特に出産直後は、気分的にも「排便するのが怖い」ということもあり、便秘になる人も多いのですが、入院中であれば、すぐに医師に相談するのが一番。

出産直後の便秘は一過性のものがほとんどなので、便秘薬や下剤を処方してもらって、積極的に便秘解消している人も大勢います。

ただし、退院した後に便秘になると、ちょっとどうしていいのか判断に迷うこともありますよね。
もともと便秘体質、という人は、あらかじめ医師から便秘薬をもらっておくのもいいですし、すぐに病院へ行けるのであれば、適切な便秘薬を処方してもらったほうが確実です。

とは言え、小さな赤ちゃんを抱えているお母さんは、日中忙しくてなかなか病院へ行く時間が無いことも。
できれば手軽な市販薬で済ませたい、という人もいますが、特に授乳中は薬の成分が母乳にも混ざってしまう危険があるので、勝手な判断で薬を飲むのはさけたほうが無難です。

ちなみに母乳を与えながら便秘薬を利用したい場合、病院ではマグミットやラキソベロンなどの薬がよく処方されるようです。
これらは妊娠中の人にも処方される薬なので、授乳中であっても比較的安全に利用する事ができます。

また、どうしても病院へ行く時間が無く、市販薬で済ませたい場合は、あらかじめ薬剤師にその旨を伝えて、選んでもらったほうがいいでしょう。
医師によっては「便秘薬程度であれば、市販薬でも特に問題ない」と言う場合もありますが、念のため、便秘薬の名前や成分などをあらかじめ確認しておいたほうが、気持ち的にも安心です。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ